November 13, 2008

ホワイトメタル

金属の強度を持ち、かつ美しい材料の開発が歯科界の長年の夢でした。

それが近年、金属に匹敵する強度をもつ酸化ジルコニウム(ジルコニア)が加工技術の進歩とともに歯科応用され始め、いよいよ審美修復の主流であったメタルセラミックに代わりうるジルコニアオールセラミックスシステムが確立されようとしています。


ジルコニアは、欧米では「ホワイトメタル」とまで呼ばれ、すでに広く普及しつつあります。

フレームフレーム2フレーム3

 

 

 

 

かなりの強度を有するため、今までは不可能であった複数の歯を結ぶブリッジ治療にもオールセラミックスが使用可能となりました。

 



tannodentalw at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 12, 2008

ジルコニアオールセラミックスブリッジ

ジルコニアオールセラミックブリッジとは、ジルコニアフレームを使用した全く金属を使用していないブリッジです。

今までは、オールセラミックスはありましたが、それのブリッジは強度の問題により、出来ませんでした。

それがジルコニアフレームの出現により、十分な強度を確保し、ブリッジにも使用できるようになりました。

金属を使っていないため、よりナチュラルな美しさを再現できます。

ブリッジ

 

ジルコニアフレーム

 

 

ブリッジ2

 

ジルコニアオールセラミックスブリッジ

 

 

 



tannodentalw at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 01, 2008

ジルコニアオールセラミックスクラウン

この中にジルコニアオールセラミックスクラウンがあります。

どれでしょうか?

ジルコニア

 

 

 

 

 

答えは左の1番!

 

 

ではなく、右の1番です。

 

 

 ジルコニアオールセラミックスクラウンを医院同士の値段で比較する人が多いのですが、実際に行っているのはジルコニアオールセラミックスクラウンという物を売っているのではなく、ジルコニアオールセラミックスを用いた審美障害の改善という治療行為なのです。

 虫歯の治療、神経の治療、歯周病の治療、精密な歯の削り方、型採り、仮歯等の治療行為を行う歯科医師の技量、実際にオールセラミックスを製作する歯科技工士の技量が共に合わさることにより、初めて本物の歯と見紛うばかりの審美治療が達成されるのです。

 神経の治療が疎かでも、歯にぴったり合っていなくても、すぐには患者さんには解りません。5年経ったころに違いがでてくるのです。

 大量生産的な物(量販店のスーツ)の値段は安く、手間隙かけて精密に作った物(テーラーメイド)の値段はある程度するというのが、世の中の常なのかもしれません。

 自分の大切な前歯は、どちらが良いですか?



tannodentalw at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 08, 2008

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯のエナメル質を0.5〜0.7mm削り、薄いセラミックを接着する治療法のことを言います。

歯の表面を一層削るだけなので、生まれつき歯の色が濃く、ホワイトニングが効かない人や、歯と歯の間の虫歯が大きくなりすぎてしまった人に向いています。

歯を削る量が少なくてすむことも大きな利点です。

現在は、接着剤の質も向上し、長期信頼性も増しています。

保険のCRというプラスチック治療は、うまく治療すれば初めはかなり綺麗なのですが、時間が経つとどうしても変色してしまいます。

その点、セラミックでできているラミネートベニアは全く変色しません。さらに良いことには、金属を使った被せ物特有の歯茎が黒くなるということもありません!

ラミ5ラミ6

左:ラミネートベニア

右:ラミネート装着後

 

 

ラミ1ラミ2

左:術前

右:術後(前歯2本)

ホワイトニングもしています。

 

ラミ3ラミ4

左:術前

右:術後(笑っても、歯茎は見えない人なので、削るのは途中まででOKです。)

 

歯を削ったら、必ず歯が悪くなるわけではありません。

細菌と噛む力のコントロールさえしっかりしていれば、ずっと持つのです。

かなり綺麗でしょ?



tannodentalw at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 07, 2008

プロビジョナルレストレーション

プロビジョナルレストレーションとは、仮の修復物のことです。

前歯の治療をする時、どんな被せものができるかは、患者さんにとって大きな問題です。顔のお化粧、髪型は自分でなおせても、歯の色や形は自分ではどうすることもできないのですから・・・。

型を採って、いざ被せ物ができてきたら、思ったよりも歯が大きかったり、色が濃かったりしたことはありませんか?ちゃんと何度も口で説明したのに、出来上がってきたものが思い通りではなかったことはありませんか?

残念ならが、見た目に医学的な答えはありません。全ては、本人の主観によるもので決まります。いくら歯科医師や技工士が良いと思っても、患者さん自信が不満を持っていたらそれは失敗なのです。

ですから、本物の被せ物ができる前に、プロビジョナルレストレーションという仮の被せ物で形や色を患者さんの気持ちとすり合わせておくことが重要なのです。

昔ながらの仮歯のイメージは、本物が入るまで暫く我慢していれておくというものでしたが、このプロビジョナルレストレーションは、ヾ擬圓気鵑箸了の形や色の共有△み合わせの高さや横の動きに適合するかどうか歯茎の治癒の正常化ぜN鉄間中の見た目、かみ合わせにとって大きな役割を担っています。

仮歯の時点で色も形も良く、かみ合わせも良く、歯茎も健康になり、仮歯でも大丈夫!と思えるくらいになっていないと、本物の被せ物は上手くいくはずがありません。

プロビ8プロビ3

 

 

 

 

プロビ7プロビ4

 

 

 

 

プロビ6プロビ1

 

 

 

 

治療前⇒プロビジョナルレストレーション

 

 勤務医時代私がプロビジョナルを作製しているのを見ていたある新人衛生士から「先生は、手先が器用だから技工士さんになれば良かったのに。」と言われたことがあります。ちなみに歯科医師免許には、歯科技工士の資格も含まれています・・・。



tannodentalw at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 06, 2008

審美歯科のポイント!

みなさん、審美歯科という言葉をご存知でしょうか?「しんびしか」と読みます。

審美歯科とは歯科の新しい分野で、機能ばかりでなく見た目の美しさも考慮した治療をしようというものです。よく噛めて、痛くなく、長持ちしているけど、見た目が悪かったら嫌ですよね?

ではその審美歯科のポイントとは何でしょうか?

・見栄えが良い?

・痛くない?

・外れてこない?

もちろんこの3つが大切ですよね。でもこの3つは歯科医師にとってあまり難しいものではありません。

本当に大切なのは下の3つです。

・歯にぴったりしている。(100ミクロン以下の精度が大切)

・細菌がつきづらく、除去しやすい。(プラークコントロールのしやすさ)

・ただ外れてこないだけではなく、装着した時と同じ状態を長期的に保つ。(外れてはこないけど、中身は虫歯でボロボロという場合もあります。)

これらは、歯科医師にとってはとても難しく、患者さんにとっては解りづらいところなのです。

昔の美容歯科では、早く歯の見た目を良くするために、歯を抜いて、歯の神経も取って、歯茎の下まで深く削って被せているのをよく見かけました。ただそれでも、5年くらいは問題がないのですが、そのあと歯茎が下がり黒くなり、歯が割れて抜かなければならなくなってしまいます。

つまり、審美歯科のポイントは、歯を健康で美しくするということなのです。

歯は削ったから駄目になるというものではありません。

見た目がよく、歯とぴったりしていて、細菌が付着しづらく、除去しやすい状態にし、なおかつ、予防歯科で患者さんと歯医者さんが協力してプラークコントロールを行うことで、良い状態が長く保てるのです。

お口の問題点は、虫歯、歯周病、かみ合わせ、見た目の4つの問題点があります。見た目のみを優先した治療はかならず早期に駄目になってしまいます。早い!安い!(高い?)痛くない!だけを気にしていると後で歯を失うことになってしまいます。

ちょっと時間がかかっても、健康で!美しく!ずっと同じ状態で長持ち!の方が良いと思いませんか?

精密形成1精密形成2

 

 

 

 

↑歯茎より0.5mm下まで削り、歯茎は傷つけないように、削る面は極力滑らかに、削り過ぎも、削り足りないのいけません。こんな風に歯を削れると、技工士さんも被せ物が作り易く、装着する時にほとんど調整しないですみます。



tannodentalw at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 24, 2008

ダイレクトボンディング

今回はダイレクトボンディングのお話です。

 歯の色が生まれつき灰色系統の色になっていしまっている人がいます。それは、テトラサイクリンという抗生物質の影響で、テトラサイクリンの粒子が歯や骨のカルシウムとの結合が強く、特に歯は新陳代謝がないため、ずっと濃い色素が付着したままになってしまいます。

この場合、軽度のものならホワイトニングが可能なのですが、重度のものになるとホワイトニングの効果はほとんどありません。

 歯の色を変えるには、歯を削ってセラミックを接着するラミネートベニアという治療法が適応なのですが、1本7万円程度するため、見える歯を全部行うと20本近くになり、最低でも150万くらいの費用がかかってしまいました。

 そこで、登場したのがダイレクトボンディングという治療法です。

 ダイレクトボンディングとは、歯を削らずに直接歯にハイブリッドレジンを接着するため、歯の健康にとっても良く、1本1万円程度とかなり安くできます。

 ボンディング剤という接着材料の接着強度の向上と、ナノテクノロジーによるコンポジットレジンの性質向上により、ダイレクトボンディングは以前よりも確実性の高い治療法となりました。

 欠点としては、セラミックよりも見た目が劣ること、部分的に剥がれてしまうことがあるということです。ただ、剥がれたものは、簡単に修復できます。

 利点は、歯を削らない、費用が安いというとことです。

 歯の色でお困りの方は一度ご相談ください。

(Before⇒After)

ダイレクトボンディング3

ダイレクトボンディング4

 

 

 

 

 

ダイレクトボンディング1ダイレクトボンディング2



tannodentalw at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 12, 2008

保険の前歯の変色

こんにちは、今日は保険の前歯のお話をします。

保険治療の前歯の白い部分は、プラスチックで出来ています。

保険の前歯(最初は結構キレイですが・・・。)

保険前歯2

保険前歯

 

 

 

 

プラスチックの欠点は/紊魑杣する。光沢がない。紫外線で変色する。し腓韻笋垢ぁゥ好謄ぅ鵑着きやすい。細菌が付着しやすい。などが上げられます。

どれくらい変色するのかというと、それは人それぞれなのですが、遅かれ早かれ下の写真のようになります。

桜木前歯 前中沢 前oomori mae

 

 

 

 

金属を使っているために、歯茎が下がると黒いライン見えてしまうということもあります。

一度は保険の前歯で治療したものの、変色してしまったために、セラミックでやり直す患者さんが増えています。

           before⇒after

桜木前歯 前

桜木 後

 

 

 

 

nakazawa maenakazawa ato

 

 

 

 

hosaka maehosaka ato

 

 

 

 

oomori mae

oomori ato2

 

 

 

 

日本で使われている保険の前歯は、欧米では50年前からほとんど使われていません・・・。保険の前歯に過剰な期待は禁物なのかもしれません。



tannodentalw at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 01, 2008

歯茎のメラニン色素除去法(フェノール=アルコール法)

フェノール=アルコール法ってご存知ですか?

昔ながらの歯茎のメラニン色素除去法なのですが、歯医者さんでも知らない人がいるくらいのマイナーな治療法です。しかし、治療は簡単、無痛な上に効果は抜群です。

術前→術直後→術後1週間

フェノール1フェノール2フェノール3

 

 

 

 

歯茎の黒ずみが気になる人はぜひお試しあれ!



tannodentalw at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 21, 2007

プチ矯正→ジルコニアオールセラミックスクラウン

こんにちは、栃木県小山市丹野歯科医院 丹野です。

今回は、プチ矯正後、ジルコニアオールセラミックスクラウンにした症例です。

大塚1

大塚2

 

 

 

 

左:術前            右:術後

大塚3大塚4

 

 

 

 

大塚7

矯正により歯の軸を整えることにより、

歯茎の位置を整え、神経のあるまま治療することが

できます。

 

大塚8

前歯部は、ジルコニアオールセラミックス。

臼歯部は、セラミックインレー。

 

 

大塚10

大塚12大塚6

 

 

 

 

納得いくまで仮歯を作り変えます。歯茎の健康も整えます。

(仮歯その 泡(仮歯その◆泡(オールセラミックス)

治療は1年近くかかりましたが、納得の仕上がりに大変満足されていました。

 



tannodentalw at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 09, 2007

ジルコニアオールセラミックブリッジ

こんにちは、栃木県小山市丹野歯科医院 院長 丹野努です。

今日は、ジルコニアオールセラミックブリッジをご紹介します。

今までもオールセラミッククラウンというのは、ありましたがブリッジとなると強度不足のため、メタルを使わざるを得ませんでした。

そこで登場したのが、ジルコニアをコアとしたオールセラミックブリッジです。

先日ご紹介したとおり、ジルコニアの強度は、かなり金属に近いものとなっています。そのため今まで不可能とされてきたブリッジ治療にもオールセラミックが使用できるようになりました。

金属を使わないため、〔世襪た調∋茎が黒くならない細菌が付着しづらい等利点があります。

お気軽にご相談ください。

1112

 

 

 

 

 1314

 

 

 

before→after

ホワイトニング後→ジルコニアオールセラミックブリッジ

 



tannodentalw at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 19, 2007

ホワイトニング

こんにちは、栃木県小山市丹野歯科医院 丹野努です。

今日はホワイトニングについてお話します。

現在行われているホワイトニングの種類は大きく分けると、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと家で行うホームホワイトニングがあります。

私的な意見だと、オフィスホワイトニングの場合、濃度の濃い薬剤を使い急激に行うため、…砲澆でやすい後戻りが早い歯茎との境目を白くしづらいど埃然な白さになりやすい等の問題が気になるため当院では行っておりません。

低い濃度の薬剤で、時間をかけてやるホームホワイトニングのほうが、…砲澆でにくい後戻りしづらい歯の隅々までちゃんと白くできる等の長所があるため当院ではこちらを採用しています。

当院のホワイトニングは、上下全ての歯で3万円です。

お気軽にご連絡ください。

ホワイトニング1

ホワイトニング3before→after



tannodentalw at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 15, 2007

最新ジルコニアオールセラミックス

こんにちは、栃木県小山市丹野歯科医院 丹野努です。

 今回は、当院でも大好評のジルコニアオールセラミックスをご紹介します。

  金属を使わない最新ジルコニアセラミック 

 Cercon Zirconia  金属に匹敵する強度をもつ酸化ジルコニウム(ジルコニア)が加工技術の進歩とともに歯科応用され始め、いよいよ審美修復の主流であったメタルセラミックに代わりうるオールセラミックスシステムが確立されようとしています。ジルコニアは、欧米では「ホワイトメタル」とまで呼ばれ、すでに広く普及しつつあります。

  セルコン・ジルコニアセラミックスの特性

 1. テクノロジーの結晶、第三世代のマテリアル“ジルコニアセラミックス”による高い生体親和性  

 クラウン&ブリッジ治療に使用した金属が、長い間に口腔内に溶け出し、体に取り込まれてアレルギー反応(金属アレルギー)を起こすことがあります。口腔内だけに留まらず、体の各部位の皮膚炎、発疹、湿疹などの原因となる事もあります。セルコン・ジルコニアセラミックスは、金属アレルギーの要因となる物質が一切使用されておりません。ジルコニアをコア材料とした、オールセラミックスです。

ジルコニアクラウン

 

 

 

 

 

 

2. より天然歯に近く、自然な輝きと白さを発揮する審美性 

 従来のセラミックス治療においても、主な材料としては内面に金属が使用されています。金属イオンの溶出により、歯肉が退縮し金属の黒いラインが現れたり、歯肉に着色してしまうことがありました。また金属が、光源の入射を遮断してしまうため、天然歯と比べると色調が暗くなる場合もあります。セルコン・ジルコニアセラミックスは、金属イオンの影響がありませんので、長期間にわたる使用後も歯肉の退縮や着色がなく、より天然歯に近い色調再現をお約束いたします。

メタルセラミックスジルコニアセラミックス

左:メタルセラミックス

右:ジルコニアセラミックス

 

 

3.高い強度と安全性によるソリューション  

 セルコン・ジルコニアセラミックスは、結晶構造が緻密なため、耐久性と耐食性に優れ、金属と同等な強度を維持します。また表面性状が滑らかなため細菌の付着が少なく、衛生面でも優れています。 既に医科の分野においてジルコニアは、人工股関節等に利用されており、その耐久性と安全性が立証されています。また工業界ではF1のブレーキや、スペースシャトルの外壁材として、強い負荷に耐えることが必要な分野で利用されています。

人工股関節2

スペースシャトル

左:人工股関節

右:スペースシャトル

 

 

4.セルフヒーリング効果

 ジルコニアのさらに優れた点として「セルフヒーリング効果」があげられます。これはジルコニア結晶の特異的な構造変化により、亀裂が生じた場合に亀裂先端に位置する酸化ジルコニウム結晶が変化して亀裂を閉鎖し、その進行を抑制するという特性があります。  

アルミナクラックジルコニアクラック

 

左:アルミナセラミックス

右:ジルコニアセラミックス 

 

 

ジルコニアセラミックスは、従来のメタルセラミックスの欠点を克服した素晴らしい材料であるといえます。実際、ジルコニアセラミックスを入れた患者さんからも、かなりの満足度を得られています。  

 当院では、そのジルコニアオールセラミックスを10万円で提供させていただいています。都内では15〜20万円くらいが相場らしいので、ちょっと安すぎるのかもしれません・・・。技工士さんからも、「先生の腕なら15万円以上貰っても良いのでは・・・。」とも進言されています。私の気が変わらないうちにお早めにお試しあれ! ジルコニア2ジルコニア1

 

 

 

 

ジルコニア3ジルコニア4

before→after

 

 

 

 



tannodentalw at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 13, 2007

結婚式前にホワイトニング!

こんにちは、栃木県小山市丹野歯科医院です。

最近、結婚式前にホワイトニングやセラミック治療をされる方が増えています。

 結婚式1ヶ月前に、20本ものオールセラミックス治療をされた方もいます。 その方からは、後日美しくなった口元で最高の笑みを浮かべているウェディングドレス姿の写真をいただきました。 あれだけ喜んでもらえると、休日返上で頑張ったかいがあったというものです。

 皆さんも、挙式前に美しい口元、スマイルを手に入れて見ませんか? 1ヶ月前だとちょっと厳しいスケジュールになるのですが、もう少し余裕をもってもらえると、矯正、オールセラミックス、ホワイトニング、マイクロスコープを駆使した精密で美しい治療を行うことができます。

 

z1z2

before→after



tannodentalw at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)